おうちの家事はチームでやる共同作業です。わが家に「家事チーム」をつくろう!

おうちの家事はチームでやる共同作業です。わが家に「家事チーム」をつくろう!

ワンオペ家事になってませんか?家族の万が一に備えましょう

ワンオペ家事になってませんか?家族の万が一に備えましょう

家族の万が一に備えましょう1
 
家事のおおくをがしている
 
妻が仕事と家事を忙しそうにしている

共働きが増えているにもかかわらず、家事をする時間は妻のほうが夫の2倍から3倍以上だそうです(令和2年版男女共同参画白書より)。
 
あいかわらず、家事のおおくを女性が負担しているんですね。
 
それだけにストレスや疲れがたまって不満につながりやすい。
 
また、働き方にも影響するので仕事との両立がむずかしいと指摘されています。

家族の万が一に備えましょう2
 
ワンオペ家事はリスクが高い
 
疲れた妻が腕を伸ばしてストレッチしている。妻の声「しんどいけど私がやれば早いし頼りにされてるし、まぁ仕方ないか」要注意!

だれかが一人で家事をしている家庭では、もしもその人が体調をくずして倒れたら、あっという間にいつもの生活が回らなくなります。
 
掃除や洗濯、食事の支度がされないと、働いたり学校へ行ったり、家族が社会活動をすることもできません。
 
いざという時、もっと早くから備えておけばよかったと後悔することのないようにしたいです。

家族の万が一に備えましょう3
 
家事を手分けして情報は共有する
 
夫婦と小学生の娘の3人で家事の役割分担について家族会議している

夫は長時間働いていることがおおいので、たくさんの家事をやるのは無理かもしれません。
 
でも家族で話し合って、大人も子供も自分が今できることをやるという方針にしておきましょう。
 
そして一番大事なのは、家族で情報を共有しておくこと。
 
妻は「私しかわからない」と思ったら、面倒だけど、それをちゃんと家族に伝えておくこともやさしさです。

家事はチームでやる共同作業家族以外の人に協力してもらおう

家事はチームでやる共同作業家族以外の人に協力してもらおう

家事はチームでやる共同作業1
 
家の外に頼れる人がいる安心感
 
「日頃から家事を手伝ってくれるお母さん」「たまに家事を手伝ってくれる親友」「いざという時に家事を手伝ってくれるお隣さん」の3人

ワンオペ家事にならないように、まずは家族がチームとなって自分のできる範囲で家事をすること。
 
さらにリスクを分散するためにも、家族以外から家事のできる人にチームへ参加してもらいましょう。
 
親戚、ご近所さん、友人、外部サービスなどいろいろありますが、いざという時、家の外に頼れる人がいる安心感はなによりも心強いです。

家事はチームでやる共同作業2
 
日頃から全員参加のチームワーク
 
エプロンを付けた家族3人(夫婦と小学生の娘)と家事を手伝ってくれるお母さん。お母さんの声「まめに連絡してます」

家事チームのメンバーでそれぞれ自分にできることを役割分担しましょう。
 
お互い支え合って家族が困ることなく毎日生活できるように共同作業します。
 
共同作業はいざとなって急にできることじゃないので、家族以外のメンバーにも定期的に家事へ参加してもらいましょう。
 
チームワークには日頃からのコミュニケーションが欠かせません。

家事はチームでやる共同作業3
 
チームにプロがいると効果絶大
 
やる気満々の家事代行倶楽部のハウスキーパー。ハウスキーパーの声「ご家族が大変なときも私たちがいればきっと大丈夫」

チームワークのメリットは、メンバーがお互いに足りない部分を補い合えること。
 
もしチームの中に家事の上手なプロがいたら、他のメンバーはたいへん心強いでしょう。
 
自分たちだけではできない家事もサポートしてくれるし、上手な人のやり方を家族が参考にできます。
 
家事チームにはぜひハウスキーパーをメンバーとして加えましょう。

わが家のチームメンバーにハウスキーパーを加えるため3つのハードルを乗り越えよう

わが家のチームメンバーにハウスキーパーを加えるため3つのハードルを乗り越えよう

家事代行サービスを利用するために3つのハードルを乗り越えよう1
納得して家事代行サービスの料金を払えるかしら?
笑顔の女性が計算機を手にしている
 
チームを補強するためのコスト

ハウスキーピングサービスを検討する時、もともと自分がやれることにお金を払うという感覚だと利用しずらいもの。
 
わが家のチーム力をおおきくアップさせるために必要なコストだと考えましょう。
 
いざという時も頼れるメンバーの存在は安心感につながります。
 
また、住まいのメンテナンス費用も兼ねるのでコストパフォーマンスはよりいっそう高くなるでしょう。

家事代行を利用するために3つのハードルを乗り越えよう2
他人(家事代行のハウスキーパー)を家に入れて大丈夫かしら?
女性が玄関を開けて人を招いている
 
風通しの良い環境にするチャンス

家庭ではいろんな問題も起こりますが、問題を隠すのではなく、ありのままを受け入れて家族で向き合おうとすることが大切ではないでしょうか。
 
他人を入れることで閉ざしがちなおうちの風通しが良くなって、飾らない雰囲気作りのきっかけになります。
 
また、他人にもわかりやすいモノの配置や作業の手順を考えることで、自分たちの家事もしやすくなります。

家事代行を利用するために3つのハードルを乗り越えよう3
家事代行サービスのセキュリティは問題ないかしら?
鍵を持った女性が考えている。背景は通帳と印鑑とクレジットカードなどの貴重品
 
働き手を大切にする業者を選ぶ

コンプライアンスが徹底されるかは、働き手の倫理観や責任感に頼るところがおおきいです。
 
とくにご不在の訪問先はハウスキーパーだけの閉ざされた場所。
 
いつどこでだれがどんな作業をしているのか、人の手によってリアルタイムに見守ることが、働き手の安心感と倫理的な行動につながります。
 
働き手に寄り添った業務管理ができる事業者を選びましょう。

家事代行倶楽部の家事お手伝いサービス

家事代行倶楽部の家事お手伝いサービス

チーム「わが家」のコンディションにあわせてハウスキーパーの役割もいろいろ

チーム「わが家」のコンディションにあわせてハウスキーパーの役割もいろいろ

エプロンを付けた夫婦と小学生の娘の家族3人と家事代行倶楽部のハウスキーパーが一致団結している。家族の声「わが家の家事チーム」

おうちの家事を一つひとつリストアップすると、だれに何をやってほしいかハッキリして来ます。
 
なるべく無理のないように家族一人ひとりの意見を尊重しながら役割分担しましょう。
 
「家族だけで家事がどれくらいできるか」「家族が求める理想の暮らし」によってハウスキーパーの役割もいろいろ。
 
ハウスキーパーはチーム「わが家」のメンバーとして、その時々にふさわしい役回りをつとめます。

ハウスキーパーの役割もいろいろ1
なんでもこなすオールラウンダー
家事代行倶楽部のハウスキーパーが「洗濯物たたみ」と「食器洗い」と「床掃除」をしている
 
状況次第で臨機応変に作業します

最初から上手く家事の手分けができなくても大丈夫。
 
ハウスキーパーの出番が来たら、その時のおうちの状況にあわせて、やってほしい家事から優先的にやります。
 
どこか1つの場所がキレイになると、他の場所もキレイにしたい、キレイな状態を保ちたいと思い始めるもの。
 
ご家族がおうちのことに興味を持ち出して、少しずつ家事に参加できるようになったら、ハウスキーパーの役割も見直しましょう。

ハウスキーパーの役割もいろいろ2
ここぞという時に頼れるエース
家事代行倶楽部のハウスキーパーが「キッチン掃除」と「トイレ掃除」と「お風呂掃除」をしている
 
重要箇所の汚れをリセットします

おうちの家事で思いのほかたいへんなのが、お風呂やキッチンやトイレなど水回りの掃除。
 
片手間でやれるなら手を出しやすいけど、まとまった時間が必要だと後回しになりがちです。
 
この際、負担のおおきい家事は思いきって頼れるハウスキーパーに任せてしまいましょう。
 
ご家族は自分ができる他の家事に集中。
 
エースさえ登場すればおうちの汚れもリセットできると思うと気持ちがとても楽です。

ハウスキーパーの役割もいろいろ3
チームに欠かせない縁の下の力持ち
家事代行倶楽部のハウスキーパーが「ベッドメイキング」と「収納の片付け」と「窓拭き」をしている
 
普段できない手入れを優先します

日頃からなにかのついでにひと手間で家事をするクセが付くと、家族みんなで無理なく共同作業できます。
 
洗い物のあとにシンクを磨く。お風呂上がりにバスタブを洗う。用を足したら便座を拭く。
 
ついでの掃除で目に付くところはキレイに保てます。
 
ハウスキーパーには家族が普段できない細かな部分を補ってもらいましょう。
 
目立たないけど快適な暮らしに欠かせない仕事をきっちりこなします。

安心安全の家事お手伝いサービス

安心安全の家事お手伝いサービス

家事代行倶楽部の安心安全の家事お手伝いサービス1
 
“現場力”をつける社員研修
 
家事代行倶楽部のハウスキーパー2人が社員研修をしている
“現場力"をつけるため実践の経験を積み重ね、自発的に考えて行動できる力、自ら問題を解決できる力を養います。
家事代行倶楽部の安心安全の家事お手伝いサービス2
 
人の手にこだわる管理体制
 
家事代行倶楽部の運営スタッフが会社で打ち合わせしている
日々変化するお客さまの暮らしぶりを見守り、社員の感情に寄り添うため、人の手にこだわった業務管理を心掛けています。
家事代行倶楽部の安心安全の家事お手伝いサービス3
 
ハウスキーパーは直接雇用
 
家事代行倶楽部の運営スタッフがハウスキーパーへの求人応募者と面接をしている
すべての働き手を自社で直接雇用するのは、共鳴(きょうめい)による企業理念の浸透と、働く人の安心安全が目的です。
家事代行倶楽部の安心安全の家事お手伝いサービス4
 
万一のトラブルは誠実対応
 
家事代行倶楽部の運営スタッフがご利用者様へトラブルの説明を丁寧にしている
万一の物損事故などに備えて損害保険に加入しております。トラブル発生時には迅速かつ誠実に対応いたします。

家事代行倶楽部にはこんな特徴があります

家事代行倶楽部にはこんな特徴があります

家事代行倶楽部の特徴1
 
リセットお掃除
 
家事代行倶楽部のハウスキーパー2人がキッチンの掃除を丁寧にしている
ハウスクリーニングスタッフが定期サービスでは十分にお手入れできない細かな部分まで丁寧にお掃除します。料金設定は定期サービスと変わらず、単発でご利用いただけます。
家事代行倶楽部の特徴2
 
フリーハンド制度
 
家事代行倶楽部のハウスキーパーが両手でガッツポーズしている
ハウスキーパーにはお客さまを喜ばせて笑顔にするためなら自由に使える予算が与えられています。ハウスキーパーが自発的におもてなしを実践するためのきっかけづくりです。

サービス料金と提供エリアのご案内

サービス料金と提供エリアのご案内

ご利用の頻度(毎週・隔週・月1回)と、1回あたりのご利用時間(2時間・2.5時間・3時間)を選んでご契約いただきます。料金のお支払いはまとめて月1回。お振込、または口座振替でお支払いください。入会金や登録料、年会費などは必要ありません。ご契約日から1ヶ月間はサービス料金が20%割引となりますので、お試し期間としてもご利用いただけます。
1ヶ月間のご利用回数 1時間あたりのサービス料金
1回あたり
2時間の
ご契約
1回あたり
2.5時間の
ご契約
1回あたり
3時間の
ご契約
1回(月1) 3,960
3,850
3,630
 2〜3回(隔週) 3,300 3,190 2,970
 4〜5回(週1) 3,190 3,080 2,860
6〜7回(週1〜2) 3,080 2,970 2,750
8〜11回(週2) 2,860 2,750 2,530
12回以上(週3以上) 2,640 2,530 2,310
上記は、消費税込みの価格です。
移動費 1回あたり
900円(税込)
鍵の保管料 1ヶ月あたり
1,000円(税込)

キャンセルポリシー

サービスのご予約を取消される場合、キャンセル料金は下記のとおりです。

1.前日18時までのキャンセル  無料
2.前日18時以降、当日9時までのキャンセル(メール連絡のみ)  1回あたりサービス料金の半額(ハウスキーパー出勤後の場合は+移動費)
3.当日9時以降のキャンセル  1回あたりサービス料金の全額(ハウスキーパー出勤後の場合は+移動費)
4.無断キャンセル  サービス開始時刻から15分連絡の取れなかった場合はキャンセル扱いとし、1回あたりサービス料金の全額移動費をご負担いただきます

東京都

東京23区(東京都区部)
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区  千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区
東京23区外(東京都市部)
清瀬市 西東京市 東久留米市 武蔵野市
※東京都その他の地域ご相談ください 
 

埼玉県

さいたま市
西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
埼玉県市部
上尾市 朝霞市 川越市 川口市 越谷市 志木市 草加市 戸田市 新座市 富士見市 ふじみ野市 和光市 蕨市
※埼玉県その他の地域ご相談ください

家事代行倶楽部のフリーハンド制度

家事代行倶楽部のフリーハンド制度

家事代行倶楽部のフリーハンド制度1
 
目的を果たすための予算がある
 
家事代行倶楽部のハウスキーパーが笑顔で仕事用のお財布を持っている

一人ひとりのハウスキーパーに会社から予算が与えられています。
 
目的を果たすために必要であれば、だれかの許可をもらわなくてもハウスキーパーの裁量で自由に使うことができます。その目的は2つ。

 
1.お客さまを喜ばせて笑顔にすること
 
2.仕事のやりがいを見つけること
家事代行倶楽部のフリーハンド制度2
 
フリーハンドは自由裁量の意味
 
家事代行倶楽部のハウスキーパーが両手でガッツポーズしている。ハウスキーパーの声「お客様へのおもてなしを形にしよう」「仕事のやりがいを見つけよう」

フリーハンド制度は「お客さまへのおもてなしの実践」と「仕事のやりがいを見つけ出すこと」をハウスキーパーに働きかけるためのものです。
 
これらはマニュアルとして決められるわけでなく、働く人が自分の意志で行うこと。
 
弊社ではハウスキーパーが自発的に行動を起こしやすいよう、そのきっかけとして一人ひとりに裁量を与えています。

お客さまへのおもてなしに利用された事例

お客さまへのおもてなしに利用された事例

家事代行倶楽部のハウスキーパーが「おもてなしをバックアップ」と書かれたボードを持っている
フリーハンド制度を利用したハウスキーパーは、その目的と効果について必ず報告をします。報告の中から、“おもてなし”に利用されたケースの一部をご紹介します。
 

 case 01 
 
目的 お客さまがワンちゃんの毛で床が汚れるのを気にされていたので、最近話題のエチケットブラシを買ってプレゼントしました。
 
効果 思った以上に使いやすいブラシでお客さまも満足されているご様子。おかげでそうじ機掛けがずいぶん楽になりました。

 

 case 02 
 
目的 赤ちゃんの成長についてお客さまから相談されたので、私が参考にしていた育児本を購入して差し上げました。
 
効果 先日とても役に立ったと感想を言っていただきました。なんだか信頼関係が深まったようでうれしいです。

 

 case 03  
 
目的 いつもご不在なので、なにか他にやって欲しいことはあるかなと、ずっと気になってました。レターセットを用意して、思いきってお手紙を書きました。
 
効果 この間伺ったらお返事を残してくださいました!食器の置きかたをくわしく教えてもらえました。いつもありがとうございますと感謝のお言葉が励みになります!

 

 case 04 
 
目的 ここのところ、お客さまが家庭のことでずっと悩んでおられるので、お掃除のあとにお茶へお誘いして近くのカフェへ行きました。
 
効果 だれにも話せなかったと、苦しんでおられたようで、話を聞けてよかったです。いつもの笑顔が見れて少しホッとしました。

 

 case 05 
 
目的 お客さまの洗濯ネットがボロボロで使いにくかったので、同じようなものを探して買いました。
 
効果 お客さまからお礼の言葉をいただきました。私が洗濯するときに大事な服にキズが付かないかヒヤヒヤしてましたが、これでしばらく心配ないです。

ハウスキーパーのやりがいに利用された事例

ハウスキーパーのやりがいに利用された事例

家事代行倶楽部のハウスキーパーが「やりがいをバックアップ」と書かれたボードを持っている
フリーハンド制度を利用したハウスキーパーは、その目的と効果について必ず報告をします。報告の中から、“やりがい”に利用されたケースの一部をご紹介します。
 

 case 01 
 
目的 お客さまのお宅で作ってみたい料理があったので、材料を買って試しに自宅で作ってみました。
 
効果 ぶっつけ本番はちょっと心配だったので、あらかじめ私にもおいしく作れることがわかってよかったです。

 

 case 02 
 
目的 テレビショッピングですごく気になる洗剤を紹介していたので、ためしにわが家に購入しました。
 
効果 びっくりするくらい水垢が落ちます。これは仕事で使えそう。お客さまと相談してみて、使えそうならやってみますね。皆さんにも教えてあげてください。

 

 case 03 
 
目的 寒くなってきたせいか、このところ腰に違和感があり、仕事をしていても少し気になったので、久しぶりに鍼灸院へ行ってきました。
 
効果 おかげでだいぶ楽になりました。ストレッチのしかたを教えてもらったので続けていきたいと思います。

 

 case 04 
 
目的 ずっと整理収納アドバイザーの資格をとりたかったので、先日試験をうけて無事に合格しました!
 
効果 けっこうお金がかかるので取得しようか悩んでいましたが、フリーハンドを使えて本当に助かりました!これで自信をもってアドバイスできます。しっかり仕事にいかしますね。

 

 case 05 
 
目的 お客さまからブドウ狩りに誘っていただいたので、孫を連れて行ってきました。参加費とランチ代と電車代に使いました。
 
効果 天気もよくてとても楽しい1日でした。お腹いっぱいになりました。お客さまともいろんなお話ができてよかったです。

家事代行倶楽部のブログ

家事代行倶楽部のブログ

家事代行サービスの現場から臨場感あふれるリアルな情報をブログで発信しています

家事代行サービスの現場から臨場感あふれるリアルな情報をブログで発信しています

家事代行倶楽部の現場から中継ブログ1
 
お客様のご利用事例
 
家事代行倶楽部のハウスキーパーがキッチンの掃除をしている
 
家事代行倶楽部の現場から中継ブログ2
 
ハウスキーパーの声
 
家事代行俱楽部のハウスキーパーが洗面所の掃除をしている
 
家事代行倶楽部の現場から中継ブログ3
 
家事代行倶楽部の日々
 
家事代行俱楽部のハウスキーパーが家事代行サービスの料理で作ったおかず
 
家事代行倶楽部の現場から中継ブログ4
 
家事代行のトラブル事例
 
家事代行サービスの作業中に壊れてしまった掃除道具
 

企業情報

商号
株式会社ハグ
所在地
162-0801 東京都新宿区山吹町337-2-601
連絡先
フリーダイヤル.0120-915-903
TEL.03-6265-0619
FAX.03-6265-0629
設立
2010年11月
代表者
代表取締役 河村卓也
事業内容
家事代行事業「家事代行倶楽部」の運営管理
企業理念 
笑顔あふれる包容力豊かな社会を創り出す
ミッション 
ご家族に自立した毎日を笑顔で暮らしていただくこと
ご挨拶 
家事代行倶楽部のホームページをご覧いただきありがとうございます。私どもは2010年より、東京と埼玉を中心に家事代行事業を行っております。家庭生活の一端を担う責任において、日々緊張感のあるなか、お客さまの笑顔がなによりの励みです。

企業理念でもあります、笑顔あふれる社会を創り出すためには、お客さまだけでなく、働き手も笑顔でなければなりません。創業以来、社員一人ひとりに寄り添う工夫をして参りました。2018年より、これまで以上に方針を徹底すべく、パート社員中心ではございますが、ティールカラーを目指した組織づくりにチャレンジしております。取り組みを始めてから、おどろくほど生き生きと働く社員の様子に確かな手応えを感じます。

人の手によるサービスは働く人のやる気がすべて。社員がありのままの姿で安心して働ける環境こそ、組織の使命を果たすことにつながると考えます。私どもは会社の利益や規模にこだわらず、ご家族に自立した毎日を笑顔で暮らしていただくという使命を果たして参ります。

まずはお気軽にお問い合わせください

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でお問い合わせの方
家事代行倶楽部のフリーダイヤル「0120-915-903」(電話受付は平日9時から18時まで)
Webでお申し込み
Webでお問い合わせ